道を間違えたら、おかゆが待っていた

 

料理が苦手だ。

 

むかし友人が料理のことを、「カタチの違うものを寄せ集めて、何かが出来上がっていく感じが好き」と言っていた。

「へーそういう見方もあるのか」と思った。

 

苦手なりに何かしら作らないと生きていけないので、まったく料理をしない日の方が少ないけれど、頭を使う料理ってホント苦痛を感じてしまう。

 

でも料理本を眺めるのは好きだし、食べることも好き。

お酒を飲むことも好きだから、料理が好きになってもおかしくないのだが、やっぱり作るよりも断然食べる方が好きなのだ。

 

 

某レシピ動画を見ながら、料理を作ることが多い私。

パラパラチャーハンを作ろうと思って、料理の匠が考案したレシピを参考にした。

 

「超簡単でパラパラチャーハンが作れる!」という謳い文句に、目を輝かせながら作り始める。

だって、超簡単らしいですから。

 

 

匠は鮮やかな手つきで言う。

「ね、簡単でしょ?これだったら子どもさんでもできるでしょ?」

 

うん、たしかにこれなら簡単そう。私も匠を真似ていく。

 

ベーコンが嬉しそうにパチパチ音を立てている。

音に合わせて小躍りしているみたいだ。

料理の音は食欲をそそるから、聞くのは好き。

 

いい感じに焦げ目がついたベーコンの入ったフライパンへ、ご飯が投入された。

 

「ここで慌てない!食材の音を聞いて」

 

匠の注意が入る。

私も意識を集中させる。

食材の音を聞こうと耳をそばだてる。

 

匠は料理のポイントだけでなく、フライパンの持ち方まで教えてくれる。

説明はわかりやすくて、料理が苦手な人間にも寄り添ってくれて優しいのだ。

 

「このやり方なら、子どもさんでもお年寄りでも確実にできます」

 

「ほぉら、パラパラになってきた」

 

私は匠のフライパンと、自分の手元にあるフライパンの中身を見比べる。

 

 

 

ん。

 

なんか、違う。

 

「箸で食べたくても、パラパラすぎて取れないでしょ?」

匠は言う。

 

私は恐る恐る手元のチャーハンを箸ですくう。

チャーハンは、箸で取られることになんの抵抗もせず持ち上げられていく。

 

どこで道を間違えたのか、私が作ったチャーハンは水気をたっぷり含んでいた。

仕方なくそれを食卓へ運んだ。

口に入れた夫は言った。

 

 

 

「なんか、おかゆみたいだね」

 

 

 

チャーハンなのに、おかゆ

私はいったい、なにを作ろうとしていたのか。

 

 

 

「子どもでも簡単にできるレシピですからね!」

匠のセリフが、脳内で繰り返しリピートされる。

 

 

なぜか、パラパラの対極にある、ネチョネチョがそこにはあった。